ネットショップの作り方ガイド
- おいらはオンラインCDショップのおやじさん -

当サイトは「趣味、好きなこと」を仕事にする方法、
趣味を生かしたネットショップの開業、作り方、構築する方法を
自らの実戦経験を交えて紹介しています。

ホーム > 古物商取得編 >古物商取得のいざ申請

古物商取得編 - 古物商取得のいざ申請

いよいよ申請

古物商の申請書類も揃ったところで、
いよいよ申請だ。

向かうは最寄の警察署。


申請書の内容については、
それほど難しいところは無かったけれど、
入力例もなく、不親切な書式。

いまひとつ、どこに何を書くのかがわかりにくかった。
おいらは直接、警察署の担当者に電話して聞いた。
その方が無難。



注意点といえば、
オンラインのネットショップを立ち上げる場合は、
この時点で、ネットショップのURLの記載が必要なことだ。

URL、つまりネットショップのインターネット上のアドレスが
決まっていなくてはならない。

古物商の許可が下りてから、
各種サーバ等の契約を考えている場合は、
そちらが先ということになる。


おいらはすでに、独自ドメインを取得していた為、
それを利用してネットショップを立ち上げることにした。



警察署の古物商の担当のオヤジが言っていたが、
近年、ネットショップで詐欺等が増え、
監視が厳しくなっているとの事。

申請したアドレスも時々、
不正が無いか、定期的に巡回しているらしい。



という事で、申請は無事に終了。
手数料は19,000円でした。

書類審査には40日程度かかるとのことなので、
あとは連絡を待つのみである。


古物商取得!

そして後日、
「許可が下りましたので一度来てください」
との連絡が警察署からあり。

「古物営業ガイドブック〜古物商のための古物営業法の解説〜」
という小雑誌とともに、「古物商許可証」を取得。

古物許可証

担当署員より
「ネットショップは続かない店も多いようですので頑張ってください。」
との言葉。

とりあえず、ネットショップのオープンに向けての
スタート・ラインに立つことができたと実感できる瞬間である。



Copyright © BEAT-NET. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。