ネットショップの作り方ガイド
- おいらはオンラインCDショップのおやじさん -

当サイトは「趣味、好きなこと」を仕事にする方法、
趣味を生かしたネットショップの開業、作り方、構築する方法を
自らの実戦経験を交えて紹介しています。

ホーム > 海外輸出ネットショップ編 >海外銀行口座の作り方

海外輸出ネットショップ編 - 海外銀行口座の作り方

【注】
アメリカの銀行口座は「個人口座(パーソナルアカウント)」と「法人口座(ビジネスアカウント)」があります。
そして事業用の入出金は「法人口座(ビジネスアカウント)」で行う必要があるとの事です。
ご注意ください。

海外銀行口座

海外向けネットショップを運営している場合、
外国に銀行口座を開設したい、と思うことがあるでしょう。

おいらは三菱東京UFJ銀行の海外口座紹介サービスを利用し、
アメリカに「UNION BANK(ユニオンバンク)」の普通口座(【注】)を作りました。

三菱東京UFJ銀行の海外口座紹介サービスを通した、
海外の銀行口座の開設ですが、
それなりに日数、初期費用が必要となります。

申し込みから開設までに掛かった日数は、およそ1ヶ月半。
初期費用は、10万円位です。

とはいえ、これで米国向けのみですが銀行振込による対応も可能、
そしてPayPalの米ドルをそのまま
アメリカ口座に移動することも可能となりました。

▽最新の情報は下記ページにて
三菱東京UFJ銀行:海外口座ご紹介サービス


海外銀行口座の開設の流れ


三菱東京UFJ銀行の海外口座紹介サービスを介した、
アメリカ「UNION BANK(ユニオンバンク)」の普通口座の開設の流れですが、

1. 三菱東京UFJ銀行の口座開設
2. 三菱UFJニコスのクレジット・カード作成
3. 口座開設依頼書の送付
4. 初期費用の送金


「1. 三菱東京UFJ銀行の口座開設」

まずは三菱東京UFJ銀行に口座を作ります。
おいらは既に同行に私用の口座を持っていたため、
業務向けと資金を区別するためサブ・アカウントを作成しました。
ここで初期入金額としていくらか必要です。


「2. 三菱UFJニコスのクレジット・カード作成」

三菱UFJニコスのクレジット・カード作成が必須条件だったため、
クレジット・カード作成を申請。

1.、2.は銀行にて同時に手続きできますが、
とにかく記入する書類が多いのと、
(住所と名前を何回も書きます・・・)
銀行で窓口を担当された方が海外口座紹介サービスが初めてのようで、
とにかく時間が掛かりました。
(何か質問すると「確認してまいります、しばらくお待ちください。」・・・)

その後、クレジット・カードの審査待ち。
数日後にまずは銀行のキャッシュ・カードが、
そして2週間位たった頃にクレジット・カードが届きました。


「3. 口座開設依頼書の送付」

クレジット・カード到着後、
三菱東京UFJ銀行の口座開設の際にもらった
「UNION BANK(ユニオンバンク)」口座開設依頼書を記入し郵送。
依頼書はさほどEnblishパニックになるような難しいこともなく、
銀行に出向く必要もなし。
(ここは想定外に軽くクリア)

そしてまたまた待つこと3週間ほど、
「UNION BANK(ユニオンバンク)」の口座番号の通知が届きました。
しかし、まだ口座は有効では無いようです。


「4. 初期費用の送金」

三菱東京UFJ銀行にて
「UNION BANK(ユニオンバンク)」から与えられた口座番号に
初期費用USドル1,000を海外送金。
送金依頼書の記入が分かり難く受付の方にマンツー・マン指導していただきました。
それと送金手数料で別途6,500円とられました。(高えー)


このご時勢にアナログな方法で、なんとか開設完了!
なかなかに忍耐が必要ですが、
ちょっとグローバルなビジネスマンになった気分です。

【注】
アメリカの銀行口座は「個人口座(パーソナルアカウント)」と「法人口座(ビジネスアカウント)」があります。
そして事業用の入出金は「法人口座(ビジネスアカウント)」で行う必要があるとの事です。
ご注意ください。



Copyright © BEAT-NET. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。