ネットショップの作り方ガイド
- おいらはオンラインCDショップのおやじさん -

当サイトは「趣味、好きなこと」を仕事にする方法、
趣味を生かしたネットショップの開業、作り方、構築する方法を
自らの実戦経験を交えて紹介しています。

ホーム > 海外銀行口座、Payoneer(ペイオニア)

海外銀行口座、Payoneer(ペイオニア)

海外Amazonの売上受取口座

海外Amazonを登録する際、
ひとつの壁となるのが、売上の受取口座だと思います。

なぜならアメリカでは
「ビジネスの売上は法人口座で受け取る必要がある」
からです。

しかも海外のAmazonは、
日本国内の銀行口座には売上を入金してくれません。

となるとアメリカに行って会社を作って口座を開設して・・・
これはかなり敷居が高く、費用も掛かるので、
零細ショップではとても、とても・・・

そんな時に手助けしてくれるのが、
Payoneer(ペイオニア)。
www.payoneer.com

そこで、米国法人口座をレンタルサービスしてくれるのです。


そのPayoneer(ペイオニア)のUS Payment Service(米国決済サービス)を利用すれば、
海外Amazonの売上を受け取ることができるのです。

そのため、(米)Amazon.com はもちろん、
イギリス(英)Amazon.co.ukにも売上の入金用口座として使用しています。


Payoneer(ペイオニア)概要

Payoneer(ペイオニア)は、
オフィシャル・サイトによると2005年に創設されたようです。
恐らく日本では、かなりマイナーなサービスではないでしょうか?

未知数のサービスだったため登録に若干の不安を感じましたが、
もちろん問題も無くサービスを利用しています。

Payoneer(ペイオニア)でサービスを申請すると、
だいたい1週間くらいで
プリペイドデビットMasterカードが配送されてきて、
銀行口座が開設、口座番号"Account Number"が与えられます。
その口座をAmazonに登録しておけば、
Amazonから売上による入金があると、
Payoneer(ペイオニア)から振込みされたとのメールがあります。

Payoneer(ペイオニア)に外貨として入金されたお金は、
そのカードをMasterCardとして使用したり、
日本のセブン銀行やゆうちょ銀行から売上を
そのまま日本円として引き出したりすることが可能です。

Payoneer(ペイオニア)から日本の銀行などに送金をする必要が無いため、
とても手軽に利用できるのがメリットですね。



Copyright © BEAT-NET. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。